2017年04月

2017年04月28日

借入を希望しているけど審査に通るか不安…という人は審査が甘いと言われている所を利用してみると良いと思います。

借入できる会社は沢山あるので、どこを利用するかで結果も大きく変わってきます。



審査が甘い所というと何か怪しい感じもするかもしれませんが、正規業者なので法に基づいた貸付も行われて安心して利用する事ができます。

審査が不安な人でも借入できる可能性があるのは、中小の金融です。

中小の金融だと条件が厳しくないので誰でも借入できる可能性があると言われていて、ブラックなどでも借入できている人がいます。

金融は審査が厳しい所だと思っている人も多いかもしれませんが、審査が甘い所もあるので利用してみると良いでしょう。



ただ、審査が甘いと言っても無条件で借入ができるわけではなく最低限満たしている必要がある条件があります。

その条件が、安定した収入がある事です。

この条件を見ると正社員か…と思う人もいるようですが、毎月一定の収入がある人という事なのでアルバイトでもパートでも対象になっています。

なので、条件を満たしているなら審査に申込みをしてみる事をオススメします。



この場合に利用ができないのは無職の人です。

それと生活保護の場合も貸付は許可されていないので、利用できる金融は見つからないでしょう。

無職なら安定した収入を得られるようにならないと利用できませんし、生活保護なら生活保護をやめて安定太収入を得る必要があります。

生活保護でもし審査通過できて借入したとしてもそれがバレれば生活保護を受けられなくなる可能性があると言われています。



最低限の条件を満たしていれば借入の可能性は十分にありますし、ブラックに寛大な金融もあります。

ブラックだと借入はできないと言われていますが、貸付は禁止されていないので対応している金融があるなら借入はできます。

その代わり利用する場合は必ず正規業者を利用するようにしましょう、間違っても違法業者は利用しないように気を付けて下さい。

正規業者かどうかは「金融庁 検索」で出てくる賃金業者登録番号を検索するページで調べる事ができます。

登録情報が出てくれば安心して利用できる金融という事なので、申し込みをしても大丈夫です。


2017年04月14日

金融を利用する場合は書類提出は必要となるので、事前に確認して準備をしておく方が後々スムーズで良いと思います。

書類と言っても金融によって変わってくるので、利用する金融のホームページなどを見て何が必要なのかを確認しておくのが良いと思います。

大体身分証明書は必要となりますが、その他に収入証明書や住民票なども必要になる所もあります。

提出する書類の数に違いがあるのは審査通過率にも関係しているようで、提出書類が少ない所だと審査が厳しい場合が多いようです。

審査が厳しくない所だと審査通過率は高いものの提出書類は少し多くなっています、審査が甘い分少し書類が多いくらいは仕方ないと思うしかないでしょう。



表向きはどこの金融も同じに見えるとは思いますが、実際は全然違う場合が多く審査結果にも大きな違いが出るので金融選びはしっかりと行う方が良いと思います。

金融と言っても沢山の会社が存在しているのでどこを利用して良いのか分からない人も多いかもしれません、その結果知名度の高い金融を利用する人が多いと思うのですが、知名度の高い金融は利用者は多いですが借りやすいわけではなく審査が厳しい金融になっています。

審査が厳しいので申込をしても審査通過できない人は多く、大手がダメだからと闇金に手を出してしまう人も多いようです。

しかし、闇金を利用しなくても借入の可能性はありますしまだ借入できる可能性がある金融は沢山あるので大手ではない別の金融で申込をしてみると良いでしょう。



大手以外の金融というのは、中小です。

大手の他に中小の金融が存在しますが、中小は大手よりも審査が甘いので大手で借りれなかった人も貸付対象になっている場合が多いです。

現状重視なので現状で条件を満たしている人ならブラックでも借入が可能だと言われています。

ブラックにも対応しているのは中小金融くらいだと思うので中小で申込をしてみると良いでしょう。

中小の金融は大手のように目立つ金融ではないですが、実績もあり何より同じ正規業者なので安心して利用する事ができます。

ブラックでも正規業者で借入ができるなら、利用するしかないと思います。

実際にブラックで借入れできた人も沢山いるので、まだ利用した事がない人は申し込みをしてみる事をお勧めします。