2017年06月02日

ブラック 借入 原因

一度ブラックになるとしばらくはブラックのままで過ごさなければならないのですが、時効が成立すればブラックは解除されるので再び借入なども可能となります。

ブラックと言っても原因は様々ですが、原因によって審査通過率や時効までの期間が違っているようです。

延滞や債務整理など様々な理由がありますが、債務整理だと時効は5~10年だと言われています…結構長い期間ブラックが続くので借入をしたい人は不便かもしれません。

債務整理も任意整理や民事再生、自己破産があり…それぞれで時効期間は異なります、自己破産は一番重いブラックなので時効期間は最長10年です。

自己破産でブラックの場合は、ブラックに対応している金融を利用したとしても審査通過できない所もあるようなので借入は大変でしょう。

しかし、対応している所が全くないわけではないので自己破産でブラックでも借入ができている人は沢山います。

自己破産をして1年未満でも借入は可能だと言われているので、どうしても借入が必要という場合には対応している金融を探して申し込みをしてみると良いでしょう。



自己破産でブラックでも借入できる可能性があると言われているのは中小金融になるので、中小金融の中で借入できそうな所を探してみると良いと思います。

とは言ってもホームページなどで審査条件などが公開されているわけではないので、どんな審査が行われるかは分かりません。

申し込みをしてみないと結果はわからないので、気になる所からどんどん申込をしてみるのが良いかもしれません。

もしくは口コミなどを見て同じ自己破産の人がいれば、その人が利用した金融で申し込みをしてみるのも良いでしょう…工夫次第ではいくらでも借入できる金融を見つける事はできると思うので、積極的に行動する事が大切です。



ブラックへの貸付自体は禁止されているものではないので、利用する金融次第だと言えるでしょう。

対応している金融があれば利用できるという事なので、対応している金融で申し込みをするようにしましょう…対応していない所で申込をしても意味がありません。



コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星